「お化け乗せたことあります?」に実体験で応えてみたい私の体験談

タクシーの運転手をしていると、たまーにお客様から尋ねられる、ある質問があります。
それが「お化けを乗せたことってあります?」というもの。
いい年をして、と恥ずかしくもあるのですが、実は私、そういう話が嫌いではありません。
いや、むしろ大好きと言ってもさしつかえないでしょう。
タクシーと幽霊、確かによく聞く話ではあります。
たとえば、夜道で顔色の悪い女性を乗せたが、目的地を言ったきり一言も口をきかない。
指定された場所に着いて「お客さん、着きましたよ」と声をかけたら誰もおらず、シートがぐっしょりと濡れていた…なんてやつですね。
ところが残念なことに、私や私の周りには「幽霊を乗せたことがある」というドライバーがいないのです。
まぁ、「怖い話」がまったくないわけではありません。
ですが、おかしなお客に当たってしまったとか、危うく事故になりかけたとか、そういう方面の怖い話が多いのです。
この場合、お客様が求めているのはいわゆるタクシー怪談、幽霊の怖い話でしょう。
しかしこと心霊関係については、乗せるはおろか、見たことすらもないのです。
本やネットで適当な話を拾ってきたらいいのでは、と思ったこともありましたが、そのような行為はどうも、怪談好きとして気が進まないのです。
どうせなら完全オリジナルの、しかも自分で体験したタクシー怪談を、いつかお客様に語ってみたい…そして怖がらせてみたい。
そんなどうしようもない憧れがありました。
そんなある日のことです。
いくらクーラーをかけても、何となくじっとりと汗ばむような陽気の頃でした。
深夜近く、私は大きな運動公園の横の道路で、タクシーを走らせていました。
お客様はおらず、車内には私一人です。
人や車の通りは少なく、光源は公園の脇にある遊歩道の街灯と車のライトのみ、という感じで、いつもながら寂しい場所だなと思いながら運転をしていました。
その時です。
ふと気づくと反対車線側の歩道に、白っぽい服を着た女性らしき上半身が見えました。
その女性は、歩いているとは到底思えない速度で、こちらの方向へ歩道をすーっと移動してきます。
おまけに頭が動いていません。
普通人間が歩くときは、頭が上下するものです。
これは、と思いました。
ついに幽霊を見てしまった、乗せるまでには至らないが、私にも持ちネタができた…!
思わず胸が躍りました。
ところが横断歩道にさしかかり、道路沿いの植え込みが途切れた瞬間、その女性は人間にあるまじき平行移動をしていたのではなく、単に自転車に乗っていたのだということがわかりました。
やはり自分でも怖かったのか、ほっとした気持ちもありましたが…残念な思いはぬぐえませんでした。
私のように「見たいなぁ」と思っていると、そういう経験をかえってしにくいものなのでしょうか?
未だにお客様に提供できる、本物のタクシー怪談は手に入らないままです。


小さなミュージシャンに出会った小さなタクシー運転手の夜。

家族がいるにも関わらず、職を転々としていた私がタクシードライバーの研修を終え初めての常務を迎えた日、ギターを担いだ青年を乗せたことがあります。
服装は地味過ぎず、派手すぎず、ギターを持っていなかったら普通の大学生のような青年でした。
セットした髪は崩れていて、その髪を整える気力も無いようでした。
丁度、中学生になる娘がギターをやっていたのでその青年に親近感が沸き起こりました。

時刻は深夜0時過ぎ、もう少しで1時を迎えようとしている時間で、「終電に乗り遅れたのかな」と思い、青年の言った目的地まで車を走らせていました。
目的地まで40分ほど時間があるので、「ライブ帰りですか。」と話しかけてみると、3秒ほど間をあけて青年は強く短く「はい。」と言ったきりまた黙り込んでしまいました。
車内に長い沈黙が流れ10分ほどたった頃、この気まずい沈黙が耐えられなかった私は「どんな音楽をやっているんですか。」と話しかけました。
青年は暗い表情で「売れない音楽ですよ。運転手さんはどんな運転をしているんですか。」と言いました。
暗い表情からは想像がつかない程、強くはっきりとした声だったことを覚えています。
私は面白いことを聞く人だなと思いながら、「あなたと同じで、売れない運転をしています。」と笑いながら答えました。
「それじゃあ、僕と同じ小さな卵ですね。」と青年は小さく笑い、続けて「小さな卵は長い間温められて孵化してから、やっと生きて行くことが始まるんですよね。人間は自分で卵を温めないといけないんですよね。」と赤ちゃんに子守歌を歌うように優しく呟いた後、眠ってしまいました。

夜の街が彼の言葉を少しずつ解きほぐし、一文字一文字私の心の中に沁み込んできました。
彼を目的地まで送っている途中、私の頭の中には彼の言葉で一杯になっていました。
あの小さなミュージシャンに心の中の隅々まで見透かされたような気分でした。
私はまだ卵で、生きることが始まっていないことを実感しました。
卵が孵化するチャンスがあったにも関わらず、すぐに諦めてしまう自分を戒める言葉でした。

小さなタクシー運転手の卵だった私は、今ではタクシー運転手になってから10年以上経ちますが、この日にあったことは今でも忘れずに私の心に残っています。
ミュージシャンを目指している娘がギターを担いで帰宅すると、その青年を思い出します。
娘が悩んでいるときは、その青年の言葉を借りて励ましています。

 

P.S.

先日、そんな私の娘も車の免許を取得し、楽しそうに新型フィットハイブリッドでドライブしてます。

我が家のファミリーカーはずっと旧型のフィット2のハイブリッドだったのですが、

今回の娘の免許取得を機に、フィット3のハイブリッドを新車で購入。

 

旧型のフィット2ハイブリッドの買取には、こちらのフィットの買取についてのアドバイスが書かれたサイトを参考にしました。

フィットの買取や下取りはこのサイトがわかりやすい!

希望通りの価格で買い取ってもらえたので、私も娘も万々歳でしたね^^

(※新型フィット3の購入では、私と娘でワリカンしました。)


娘ほどの年齢の女性客が赤裸々に語った身の上話にグッと来る

先日、終電もなくなった深夜に20代後半と思われる一人の女性客を乗せる機会がありました。
行き先を告げられ、自宅と思われる目的先まで運転をしていると、後部先に座っていた女性が唐突に声を掛けてきました。

「以前も乗せてもらいましたよね?」

急に声を掛けられたこともあり、私は思わずエッと言ってバックミラーを覗き込み改めて女性の顔を確認したのですが、思い出すことができません。
一瞬返す言葉に迷っていると、女性の方から憶えてる訳ありませんよね、と微笑んできました。
私は少し申し訳ない気持ちになりながら、失礼を承知でいつ利用したかを尋ねると、3ヶ月ほど前だと答えてきました。

正直会話をたくさんしたお客様や、良くも悪くも特徴的なお客様は1度の乗車でもかなり記憶に残るのですが、そうでないと3ヶ月前の記憶を辿るのは難しいです。
しかし逆に彼女はよく私のことを覚えているなあと心の中で感心していると、それを読み取られたかのようにぽつぽつと語りだしたのです。

「この車に乗った時、芳香剤の香りで前乗ったタクシーだってすぐに分かったんです。別れた彼の車と同じ香りだったから」

黙って話を聞いていると、3ヶ月前に乗車した時はまだ付き合っていて、結婚も考えていた恋人とつい最近別れ、私の車の香りがその恋人が使用していた車用のエアーフレッシュナーと同じだったから気付いたというのです。
何気なく使っている芳香剤が思わぬ記憶を残す物だな、と内心驚きながら彼女が続ける話に耳を傾けていました。

「3ヶ月前に乗った時は、彼とのディナーの帰りでした。私の誕生日の1週間前で、来週まで待てないからって花束もくれて」

そこまで聞いて、確かに3ヶ月ほど前に立派な花束を抱えた女性を夜中に乗せたなと微かに記憶がよみがえりました。

「誕生日には1泊の温泉旅行に行きました。毎年、お互いの誕生日には少しリッチなホテルや旅館に行くのが恒例になっていて。でも、それが最後になっちゃいましたけどね」

別れた原因は、彼の浮気だったと。
それまで全くそんなそぶりも見せずに4年以上付き合っていた彼には1年程前から浮気をしていた女性がいたことが発覚し、話し合いの結果先週別れたと言いました。

彼女の話し方はとてもさばさばとしており、私はつい離れて暮らす自分の娘のことを思い出してしまいました。
今年で30になる娘は、親の心配を知ってか知らずかあまり結婚願望がない様で、私が知っている限りでは2年以上恋人もいません。

目的地に着き、彼女は車から降りるとこう言いました。

「今日話したこと、親にも言ってないんですよ。親も結婚を期待してたから言いづらくって」

私は思わず微笑んで言いました。

「大丈夫、きっとまたいい人が見つかりますよ」

それは彼女と同時に、娘に向けられた言葉でもありました。


タクシー運転手になりたいお客様をお乗せしながら考えたこと

今日は、タクシー運転手になりたいというお客様をお乗せしました。
女性で、20代後半くらいの方でした。
スマートでお嬢様風の雰囲気のお客様だったので、正直驚きました。
女性でも運転手は出来るのか?というのが一番の疑問点だったようです。

私はこのお客様のお話を伺いながら、ふと自分の小さかった頃のことを思い出していました…。
もう何十年も前のことです。
私は体の弱い子供で、その日の朝は高い熱を出していました。
私はもう熱が出ることには慣れてしまっていましたが、母はとても心配顔でした。
病院に行かなければなりませんが、遠いのでとても歩いていける距離ではありませんでした。
母はどこかに電話をかけ、私は温かい服を着せられました。
そしてしばらく玄関に座っていたら、外で車のエンジン音がしました。
うちの前にはタクシーが来ていて、乗ってみると女性の運転手さんだったのです。
長い髪を後ろで束ねて帽子をかぶり、白い手袋で颯爽とハンドルを握る後ろ姿に、私は朦朧としながらもとても感動した記憶があります。
女性のタクシー運転手は、ほとんどいない時代だったこともありますが、体調の悪い時に運転手さんが女性であることが、子供心にもの凄く安心感を感じたものです。
これは母も同じ思いだったようです。
「優しい運転だけど、病院に着くのも速かったわ!」と心配りと運転の腕と両方に母は感心していたものです。

この話を簡単に今日のお客様にもお話しました。
お客様は、女性運転手のタクシーには乗車されたことがないとのことでした。
確かに、タクシー運転手は男性がほとんどと言ってもよいくらいです。
しかし、うちの会社でも数名の女性運転手がいます。
直接の面識はありませんが、30才くらいと、50才くらいの女性がいます。
どちらかが前は塾で先生をしていたと聞きました。
そう言うと、お客様の顔が満面の笑み…という感じになりました。

もう一つ、タクシー運転手になりたい方が男女を問わず心配されるのが、道を覚えられないということです。
これは自分も同感でしたし、実は今でもまだまだ不安なことがよくあるのです。
しかし、昔と違って今はカーナビがあります。
住所を入れればだいたいは大丈夫だと思っています。
もちろん全てをカーナビに任せるわけにも行きませんから、所々のポイントをしっかり覚えることも大事です。
そういうことも、先輩から教えてもらえるので、大丈夫だと思います…とお話ししました。

今後どうされるのか分かりませんが、安全運転と心遣いの出来る方には、どんどん活躍してもらいたいと思っています。


よく知らない住所に行くには説明をしてもらう必要があります

私はまだタクシーの運転手になって日が浅いので、住所を言われてもすぐにはその場所がわからないことが多いのです。
この間も、夕方のラッシュ時に若い女性が乗り込んできて、住所を言うのですが、私は漠然とした場所しかわからず、信号機のとこから左に曲がればいいかな、と思っていたのです。
すると、その信号の手前に裏道を通る方法があって、お客さんは「なぜ裏道を通らないのですか?」と怒ってきました。
それで、まだ慣れないので、場所がよくわかりませんと言うと、普通だったら820円で行くことができるのに、裏道を通らなかったので、高くなってしまう、とクレームをつけられました。

そこで、渋滞もあったので、920円で行きますと言いました。
走っている間にメーターが920円になったところで、メーターを止めて、言われる住所に行くことにしたのです。
かなり手前でメーターが920円になったので、そこでメーターを止めました。
渋滞していたので、なかなか先に進まなかったので、メーターが上がるのが早かったのです。

タクシーの運転手をしていると、いろいろなお客さんがいて、言われた住所に行ったら、車が止まる瞬間にメーターが上がってしまって、あからさまに嫌な顔をされたこともあります。
私はラッキーと思ったのですが、お客さんにしてみれば、もう1メートル手前で止めてくれたら、メーターが上がらなかったのに、と思うようです。

マンションにタクシーを呼ぶ人がいて、予約車の状態で言われたマンションに行くのですが、なかなかそのマンションの場所がわからず、ぐるぐる回ってしまったこともあります。
途中で開かずの踏切に引っかかってしまって、停車中にメーターがどんどん上がっていって、申し訳ないような気持ちになりましたが、踏切はなかなか上がらないので、待つしかないのです。
やっと遮断機が上がって前に進むことができて、踏切を渡るとことができた時にはホッとしました。
信号を避けるために裏道を通ったりしますが、裏道を通ったほうがメーターが上がることがあって、そういう時にも申し訳ないような気持ちになってしまいます。

電車の駅からタクシーに乗るお客さんもいて、電車に乗って帰るのが辛いのかな、と思ったりします。
タクシーの運転手をしているといろいろなお客さんがいるので、面白いです。
話好きなお客さんもいれば、黙ったままの客さんもいます。基本的にはラジオをかけていてラジオを聴いていることが多いです。